☆アユム曜日☆トップへ前へ次へ

☆アユム☆
8/13(水) 最近のニュース

■[1] フランスのヒッチコック、J・ドレー死去 (MSNニュース
ごめんなさい。「ボルサリーノ」しか観ていませんのですけれども。

■[2] 沢たまきさん急死…議員宿舎の浴室で (ZAKZAK
アユム、CATVで「プレイガール」にメチャクチャハマったところなのに…。

■[3] 「マトリックス」完結編が"公開日革命" (ZAKZAK
確かに、日本で新作の封切りといえば土曜が常識。
水曜封切がどう影響するかは確かに未知数ですが、日米同時公開は単純に嬉しいですネ☆

■[4] 新人監督が“ひきこもり”実体験テーマに映画 (ZAKZAK
アユム個人的には、題材だけを見るとこのテの映画にはちょっと辟易というところなのですが。

■[5] モントリオール映画祭、スコセッシと故トランティニャンに敬意 (MSNニュース
今回は68ヶ国の439作品が上映され、うち115作品は世界に先駆けての公開。規模だけで圧倒的な映画祭。

■[6] 米ラジオ局、不評「Gigli」の観客にTシャツ配布へ (Yahoo!ニュース
ジェニロペ&ベン・アフレック、愛の奇蹟は起こせず。

■[7] B・アフレック、新作のバッシングにコメント (MSNニュース
で、こんなことおっしゃってます。スゴーイ、ホンモノさんだ☆

■[8] シュワルツェネッガー出演作、選挙運動中はテレビ放送なし (Yahoo!ニュース
それにしても「T3」公開はバッチリのタイミングでしたネ☆

■[9] 映画「ナニワ金融道」津川雅彦社長「うちは正々堂々」 (Yahoo!ニュース
てゆーか、ウルトラマンコスモスが!ムサシ隊員が主演だ!
ちょうど今頃大阪でロケ中ですネ。









ふりぃと〜く
8/13(水) !?

きんにこん ウーッス!アユムちゃん。
さゆり アユムちゃん、3週間ぶりー。
★アユム★ あれ、きんに娘(こ)んとさゆりちゃんだー。(もう来ないと思ったのに)
元気?(またしても乗っ取り計画…?)
きんにこん もっちろん元気!
常に元気!
ナニがあっても元気!
きんに娘んが元気でなくてどーすんだっつかむしろ元気以外の設定あるのかっつうか。
でもアユムちゃんこそ最近元気に更新がんばってるよね!
★アユム★ ? ありがとー?
さゆり 見たわよー、不適ッ娘。さんとこのアレ。
きんにこん ハハハー。
見事なまでのエンボス感!
さゆり そうね、神々しいほどの浮き上がりっぷりね。
他メンバーさんが怒りに震えて続々鬼更新に立ち上がってくださると嬉しいわね、毎日通ってるいち閲覧者としては。
きんにこん サキュさんの漫画が見たいなぁ。
さゆり 私は久しぶりにフリル・リカさんの激怒を期待…んナ?
夏休みの日記
きんにこん ワオ!
始動のヨカン!?ヤッタネ!!
★アユム★ …ッキャ!
ナニあれ!?
なんなのアレ!!!!?
知らない!アユム知らないよー!!!!
きんにこん ええー?
ナニをまた意味のわからない謙遜してるかなー。
なんかいじらしくていい雰囲気だって!むしろ痛々しくて目が離せないっつか!
さゆり いつうっかり取り返しのつかないこと(ビデオデッキの基盤掃除中に練った納豆を落下させる等)をやらかすんだろうかと、見守る側としてもなかなかスリリングよね。
★アユム★ え…ええー!??
なんなの?どうなってるの〜??
さゆり だけど不適さんのアレばっかり頑張って、敵ッ娘。の更新をおろそかにしちゃダメよ。
きんにこん 最近、パソコンに向かえばアレばっかりいじってるもんね。
さゆり 3行まとめるのに1時間どころか、2時間近くかかっているようだものね。
きんにこん ムリは禁物だよね。
さゆり 人にはそれぞれできることとできないことがあるのを自覚したほうがいいわよね。
★アユム★ んナ…は…ええええ〜!??
微妙に攻撃されてるし〜!
うわーんブブっち〜!近頃密かにナニかが起こってるよ〜!!





■微妙にご紹介しづらいけどメアドがなくてお返事できなかったおたよりにココで私信を送ってみるコーナー

・8月9日(土) 12時01分42秒の名無しさんへ
大丈夫だから1箇所だけなのですよー。
・8月10日(日) 01時38分55秒の名無しさんへ
みだりに一人称「僕」でそんな包容力見せられるとアユム、うっかりヘッド・オーヴァー・ヒールズにフォーリン・ラヴしちゃうので注意してください!
ありがとう……。



8/8(金) お話があります。

★アユム★
 長いお話は別ページへ



おたより紹介

★アユム★ おたより常時募集中です☆
熱いのや涼しいのなど、アユムへの心のこもったおたよりをたくさんお待ちしていマース!



アユムの【映画といっしょ】
8/6(水) 鮮血の美学

鮮血の美学
>>amazon.co.jp
なら1500円以上で送料無料!
鮮血の美学
(DVD)

1972年(アメリカ)
製作:ショーン・S・カニンガム
監督:ウェス・クレイヴン
脚本:ウェス・クレイヴン
音楽:デイヴィッド・ヘス
出演:デイヴィッド・ヘス、ルーシー・グランザム、サンドラ・カッセル、マーク・シェフラー、ゲイロード・セント・ジェームス、シンシア・カー他

[あらすじ]
17歳の誕生日を祝い、コンサートを観に友人フィリスと街へ出たマリー。しかしその帰り道でマリファナを買おうとした彼女らは脱獄囚グループに拉致されてしまう。森の中で弄ばれ、無残に惨殺される少女たち。そして車が壊れた脱獄囚たちは偶然にもマリーの家に立ち寄る。紳士を装い一晩の宿を求める脱獄囚たち。帰宅しない娘を心配しつつも、食事をふるまいあたたかくもてなす父母。しかしふとしたきっかけで彼らの正体は見破られ、そして両親は壮絶な復讐戦を……。

[アユムから]
北欧の巨匠イングマール・ベルイマンが60年に撮った名作『処女の泉』をベースにしたと言われる、残酷無残なスプラッタです。
はじめに言ってしまうと、アユムはまったくこの作品が好きではないです。
「13日の金曜日」の文脈で出てきたので、チラッと触れておこうかなというくらい。

のちに「エルム街の悪夢」「スクリーム」などで大成功をおさめるウェス・クレイヴンの監督デビュー作です。
ショーン・S・カニンガムはここでは製作にまわり、彼を抜擢したかたちになっています。
本当はその前に「性戯・秘戯/絶倫ポルノ狂態」というポルノを撮ってた、というのは前回書いた通りですが、どうやらそのポルノ製作の過程で「もっとスゴイやつを作ろう」と盛り上がって出来たのがこの作品らしいです。

確かに過激というかなんというか、スゴイです。
少女たちの惨殺までが結構長くて(全体の2/3くらい?)復讐が始まってからはあっという間なのですが、復讐の仕方がスゴイです。
お父さんはチェーンソーでメッタ切りだし(不思議とジェイソンを思い出さないのは、怒りの感情が吹き出ているせいかな)。
お母さんはお客様にあたたかいご奉仕、と見せかけて……ギャア!アユムの口からはとても言えません。ブルブル。
もっとシンプルに復讐しましょうよね!

でも一番イヤだったのは女の子たちふたりの残酷極まる扱いかな。
昔、病棟の看護婦さんを集めてコレの上映会を催したら、何人かに素で泣き出されてアユム大変でした。しかも精神状態悪化とみなされてベッドに緊縛処置ですよ!ぐえ。
ネットをうろうろしてみたら、やっぱりみんな「不愉快」だって。そりゃそうだよね。
陵辱ポルノが撮りたかったんだかスプラッタが撮りたかったんだか、なんとも半端で消化不良で不快な後味なんですよー。
スプラッタシーンはただひとこと、「痛そう」。

そういえば、ネットうろうろの途中で「さるぐつわシーンのある映画チェック」みたいなページに当たったんだけど、そちらによればこの作品は「口を覆う布の幅が狭く、賛否両論わかれるところでしょう」だって。
いや〜、映画の観かたってひとそれぞれ奥が深いよネ!



アユム的オススメ度 : ★☆☆☆☆ (陵辱マニア様にはどうなんだろう)






@敵ッ娘。

広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー