☆アユム☆
10/30(木) 最近のニュース

■[1] 米俳優サイズモアに6カ月の実刑判決、元恋人への暴行で (Yahoo!ニュース
薬物治療プログラムの終了後、来年1月より服役するそうです。

■[2] H・ジャックマン、有力ボンド候補 (MSNエンターテイメント
「歳が若すぎず、超スーパースターでない」のが理由って。
や、モチロンお顔とお身体も選考対象だったことは間違いないですよ?

■[3] デビルマン、世界を狙う…アノ夫妻が初共演 (ZAKZAK
「アノ」って宇崎竜童と作詞家・阿木耀子の夫妻なんだけど、それより「ジュノン・スーパーボーイ」てナニ…?

■[4] 映画「半落ち」が“禁じ手”使った試写会 (ZAKZAK
宣伝期間が少ないための苦肉の策としてラッシュの試写会をおこなったそうです。
計12シーン、約20分と短時間のものですが映画ファンならめったにない機会に興奮したはず。

■[5] 「東京ゴッドファーザーズ」オスカー狙い米公開 (ZAKZAK
「千年女優」も今年9月に米国公開されており、もしかしてもしかすると2作同時ノミネートも。

■[6] 窪塚洋介を暴行の疑いで書類送検 (ZAKZAK
「突然、写真を撮られ、驚いたためけった」
これが通用するなら(や、してないけどネ!)「別れ話に驚いたため監禁した」「逃げる気配に驚いたため刺した」「警官に驚いたため逃げた」などなどなんでもアリですな。

■[7] 英俳優ジュード・ロウ、女優のサディー・フロストと離婚 (Yahoo!ニュース
あーらーらー…。イーサン・ホーク & ユマ・サーマンは大丈夫かしら…。

■[8] 岩井監督新作に鈴木杏、蒼井優を起用 (Yahoo!ニュース
ネスレ キットカットの公式サイトで1章ずつ連続公開中だった「花とアリス」が長編化して来年3月公開予定。
ひと粒で二度おいしいというやつですか。もう「少女のうつろいと日常」飽ーきーたー。








敵ッ娘。めも


・10/30 ニュース、ふりぃと〜く更新。
・10/21 ニュース、ふりぃと〜く更新。過去ログを微妙に整理。
・10/20 ふりぃと〜く更新
・10/10 ふりぃと〜く更新

・敵ッ娘。は解散いたしました。


|  トップへ  |  リンク  |  メール  |  ログ  | 

ふりぃと〜く
10/30(木) 「キル・ビル」

★アユム★

個人的には9月も末に近付いてからようやく観た「座頭市」の、そのあまりといえばあまりのサムさに今年のワースト1ほぼ間違いナシってことで、ここはひとつアユムのヒミツの仲良しであるブブっちを召還してメッタメタに!真性勝新ヲタのおともだち(57歳・男性・社員5人の建設会社社長・高知県在住・高2の娘と3週間ひと言も口をきいていない。「リアップ」真剣に使用中。ヤフーの「健康と医学(介護)」のチャットで仲良くなりましたエヘ☆)に手伝ってもらって新旧徹底分析企画を!!とか思ってたのですが。
やはー、北野武信者のみならず、世間には絶賛される方も多くおいでの作品をメッタメタにアレするわけですから、そこはやはりだいぶん気も遣ったり気合も入れ直したりですね、こう、イメージ的にはヤモリの死骸や女郎蜘蛛の脚、ジギタリスの蜜を放り込んで毒の大鍋をぐつぐつ煮詰めるがごとく練りこんでいたらばですよ、あれよあれよという間に時は過ぎ佳作秀作怪作の数々にすっかりココロなごんじゃったのでした。もうイイやべつにー。そもそもとっくに旬を逃した話題だしー。

まあですね、その間にもモチロン、それなりにダメでアレな映画もビデオ劇場問わずイロイロくぐり抜けてきましたけども(「フレディ vs ジェイソン」に軽く鬱になったり。主役の乳は控えめにお願いいたします)。

ですが!
そんなこんなでわりと忙しかったこの秋の、何もかもをふっ飛ばす作品がとうとう10月25日に公開されましたよ!
「キル・ビル」!
世界一のし上がったオタク、タランティーノ監督最新作ですよ!

当然のようにこちらは空前の賛否両論加減ですが、もうね、アユム的には最高でした!
今年観たほかの作品のことが全部耳からマッハで出て行きそうなくらい面白かったですよ!!
公開後1週間経ってませんが、とりあえず2度観に行きましたよ。そりゃ行っちゃいますよ。記憶がよみがえるたびに思わずにやけちゃいますよ。

ただですねー、あちこちの掲示板やらサイトやらを興奮気味にぐるぐる回っているうちに、どこへ行っても殺伐と展開されている「オタク vs 一般映画ファン」の図式がだんだん気分が悪くなってきちゃいました。もうやめよっと…。
何かといえば「映画秘宝」を持ち出さずには会話の進まない通人気取りのオタクさんたちの目を気にして、「おもしろい」「つまらない」の単純至極なひとことがめっさ言いにくい空気になっているのはたいそうつまらないというかさみしいというか、むしろ情けないと申しますか。
アユムはネタなんか一切ワカランけど死ぬほど楽しかったですよ!
もうなんてゆーのかな、ユマ・サーマンのジャージ(えーと、トラックスーツと呼ぶほうがいくらか若者らしいようです)姿見てもなんにもピンとこない!千葉真一がなんだとゆーのかな?四ツ谷怪談がナニ?日本刀放り出して座り込んだユマがどうしたの?曲なんか1コもわからなーい。ああそういえば演歌が流れてたネ!

や、まじめな話ですけども、スタンスとしてはそんなカンジのおともだち(17歳・女性・高校を1年で中退し現在2歳の娘(父親不詳)の母としてヤクルトレディ生活奮闘中・最近のコスメはコンビニで買えるDHC一辺倒。ハンゲームのオセロで熱戦を繰り広げてお近づきに☆)がさっぱり明るく楽しんで帰っていったのが実に清々しかったなと。

アユムは生涯ユルユルな「いち映画好き」でいたいと思います☆
えーと、熱いオタクの皆様にはどうぞお気を悪くなさいませんよーに!


おたより紹介

★アユム★
 おたより常時募集中です☆





アユムの【映画といっしょ】
9/13(土) 鮮血の美学

鮮血の美学
>>amazon.co.jp
なら1500円以上で送料無料!
鮮血の美学
(DVD)

1972年(アメリカ)
製作:ショーン・S・カニンガム
監督:ウェス・クレイヴン
脚本:ウェス・クレイヴン
音楽:デイヴィッド・ヘス
出演:デイヴィッド・ヘス、ルーシー・グランザム、サンドラ・カッセル、マーク・シェフラー、ゲイロード・セント・ジェームス、シンシア・カー他

[あらすじ]
17歳の誕生日を祝い、コンサートを観に友人フィリスと街へ出たマリー。しかしその帰り道でマリファナを買おうとした彼女らは脱獄囚グループに拉致されてしまう。森の中で弄ばれ、無残に惨殺される少女たち。そして車が壊れた脱獄囚たちは偶然にもマリーの家に立ち寄る。紳士を装い一晩の宿を求める脱獄囚たち。帰宅しない娘を心配しつつも、食事をふるまいあたたかくもてなす父母。しかしふとしたきっかけで彼らの正体は見破られ、そして両親は壮絶な復讐戦を……。

[アユムから]
北欧の巨匠イングマール・ベルイマンが60年に撮った名作『処女の泉』をベースにしたと言われる、残酷無残なスプラッタです。
はじめに言ってしまうと、アユムはまったくこの作品が好きではないです。
「13日の金曜日」の文脈で出てきたので、チラッと触れておこうかなというくらい。

のちに「エルム街の悪夢」「スクリーム」などで大成功をおさめるウェス・クレイヴンの監督デビュー作です。
ショーン・S・カニンガムはここでは製作にまわり、彼を抜擢したかたちになっています。
本当はその前に「性戯・秘戯/絶倫ポルノ狂態」というポルノを撮ってた、というのは前回書いた通りですが、どうやらそのポルノ製作の過程で「もっとスゴイやつを作ろう」と盛り上がって出来たのがこの作品らしいです。

確かに過激というかなんというか、スゴイです。
少女たちの惨殺までが結構長くて(全体の2/3くらい?)復讐が始まってからはあっという間なのですが、復讐の仕方がスゴイです。
お父さんはチェーンソーでメッタ切りだし(不思議とジェイソンを思い出さないのは、怒りの感情が吹き出ているせいかな)。
お母さんはお客様にあたたかいご奉仕、と見せかけて……ギャア!アユムの口からはとても言えません。ブルブル。
もっとシンプルに復讐しましょうよね!

でも一番イヤだったのは女の子たちふたりの残酷極まる扱いかな。
昔、病棟の看護婦さんを集めてコレの上映会を催したら、何人かに素で泣き出されてアユム大変でした。しかも精神状態悪化とみなされてベッドに緊縛処置ですよ!ぐえ。
ネットをうろうろしてみたら、やっぱりみんな「不愉快」だって。そりゃそうだよね。
陵辱ポルノが撮りたかったんだかスプラッタが撮りたかったんだか、なんとも半端で消化不良で不快な後味なんですよー。
スプラッタシーンはただひとこと、「痛そう」。

そういえば、ネットうろうろの途中で「さるぐつわシーンのある映画チェック」みたいなページに当たったんだけど、そちらによればこの作品は「口を覆う布の幅が狭く、賛否両論わかれるところでしょう」だって。
いや〜、映画の観かたってひとそれぞれ奥が深いよネ!



アユム的オススメ度 : ★☆☆☆☆ (陵辱マニア様にはどうなんだろう)




リンク集&ログ&おしらせ
おしらせ

右のめーるふぉーむからおたより募集中です。


PRE03040603040903041603042303043003050703051403052103052803060403061103061803062503070203070903071803072303073003080603808-13030820030829030904030913031002-21031030-

★情報
エイガ・ドット・コム日本映画専門チャンネル映画生活シネトレシネマスクランブル映画秘宝 on WEBロシア映画社SF映画データバンクフランス映画社@ぴあ
★配給会社
ワーナー・ブラザース日本ヘラルド映画20世紀フォックス東映東宝松竹ギャガ・コミュニケーションズディズニーソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントアスミック・エース エンタテイメントポニーキャニオン日活アミューズピクチャーズコムストックオフィス北野アルシネテランK2エンタテインメントクロックワークスパンドラシネカノンUIPブエナビスタ インターナショナル ジャパン大映東宝東和プレノン・アッシュKUZUIエンタープライズ
★個人サイトさん
ぢごくみみ日本映画データベース映画瓦版映画365日50円ムービー局タイ映画!アジア映画小事典

おなまえ

めるあど

ねんれい

せいべつ
おとこ おんな そのた ひみつ

アユムにおたより



※めるあどをかきたくないひとはaa@aa.aaを消さずにそのまま送ってね!

BS CGI Rental



@敵ッ娘。

広告 [PR] にきび  わけあり商品 資格 再就職支援 無料レンタルサーバー